Boston!

前回ニューヨークへ行ってから、その後ハロウィンがあったり、11月なのにいきなり大雪だったり、ワシントン日本語学校を待ってる間に自然史博物館に行ったり、色々あったわけですが、
随分と更新が滞ってしまいまして...

あれこれすっ飛ばしまして...


Thanksgiving の休暇にボストンへ行って参りました。

偶然にもワシントン日本語学校で一緒の、Baltimore(ボルチモアかバルチモアか分からないので英語表記。カブレテル人みたいだわ(* ̄∇ ̄*)...) 辺りに住んでるご家族もボストンへいらっしゃったそうなんですが、そのご家族は飛行機で移動だったのに、真白家はなんと車!!

地べたを這って行きました。

York はBaltimore より車で1時間だけボストン寄りなだけなのにっ( ̄□ ̄;)!!!

Baltimore は空港があるので、飛行機を選択する意義があると言うものですわね。
Yorkからだと1時間ちょっとかけてまずBaltimore の空港に行かなきゃなりませんものね。


それにしたって時間かかりました!
地べたを這うこと8時間!!!

高速は私が主に運転し、都会周辺の込み入った所を主に主人が運転し、交代制でたどり着いたボストンは...

画像



夜...マイナス8°cの世界でした。寒っっっ( ̄□ ̄;)!!!!

風が吹いて体感はマイナス17°cだったんですって!

そうでしょうね。
存在してるだけで、手がかじかんで動かなくなるほどでしたよ。

次の日も寒そうだったので予定を急遽変更。
室内を攻め込むことにしました。



というわけで「ボストン美術館」こと「Museum of Fine Art, Boston 」にやって来ました。


画像


前回のフィラデルフィア美術館とあまり変わらない感じ...?

美術館の入ってすぐには大階段。なのかな?

例によって日本人が好きな(教科書で見た感じの)絵がしれっと...

画像



画像



画像



画像



あと、私的に好きだったのが...

画像


絵の中にたくさんの絵!(●´艸`)

その他アジアっぽい仏像やヨーロッパのデコラティブな調度品的な物を眺めました。

ガイドブックによると教科書クラスの浮世絵などもある予定でしたが、こちらもフィラデルフィア美術館と同じく倉庫にいらっしゃるとのことでした。

数カ月前まで飾ってあった...ってホントに??
フィラデルフィアの美術館の人もそう言ってたよ!!

人気ないのかしら...(´; ω ;`)

あんまり出さないなら日本に返して欲しいな...


さて、美術館の後は賢い人のルツボ、ハーバード大学にて大学の建物を眺めました。

なんて素敵な環境!!風景!!!
さながら京都の同志社大学のようでした。

...逆です(* ̄- ̄*)。同志社が外国のようなのです。

画像


こりゃあ勉強したく...

ならないでお散歩したくなっちゃうわ(* ̄∇ ̄*)

ここにいらっしゃる方達はお散歩なんてしないで勉学に没頭出来るか...いやいや、きっとそういうガリ勉さんじゃないわね。

お散歩しながらスゴイ事を思い付くか、もしくはこの素敵な環境の中の素敵なベンチかどっかで素敵な感じに読んだ本の内容が一発で記憶に残るような、なんかちょっとそんな感じ人々がいっぱい溢れてるんでしょうね~

って私の妄想の方が溢れるてわ...



入ってすぐのとこに靴に触るといい事があると言う誰かの銅像がありました。


この方は慶應義塾大学の福沢諭吉さまのような方ではなく、銅像作ろ~ってなった時、在学してた生徒さんの中でそこそこカッコイイ感じの人だそうです。

学生さんにしてこの風格!!!

画像


もちろん靴を触らせて頂きました。




そしてハーバード大学の近くに...ここ!

Instagramでよく見る、前に立って写真を撮ると羽根がはえたみたいになる壁!

画像


えぇ、えぇ。
もちろんはえさせて頂行きましたとも。

ミーハーですから((o(*>ω<*)o))


ハーバード大学の空気を吸った後、ボストンの1日はまだ続きます。


でも長くなってきたから...

とりあえずここまで。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック