真白家年末2 ブライスキャニオン


「真白家の年末」をちゃんと1の次に2、と開いてくださった皆様。ありがとうございます。

それではここからは岩レポートです。岩をじっくりご覧ください。

グランドサークルの情報をネットサーフィンしてたらたどり着いてしまった皆様。「真白家の年末 5」の最後に色々まとめてあります。
そちらをいきなりご覧になるのも良いかと思います。






ラスベガスからひたすら走ること4時間ちょっと(止まらず走り続けた場合)ブライスキャニオンへ。


ラスベガスの込み入ってややこしすぎる高速を抜けたら、後はだいたいひたすらこんな道を進みます。

IMG_20191227_120644.jpg



遠くの方にそれらしい岩が・・・

IMG_20191227_115819.jpg


そしていつの間にか雪!
牛に注意が必要です。

IMG_20191227_141439.jpg


ブライスキャニオンはすっかり雪で覆われていました。
もちろん寒かったです。

IMG_20191227_161237.jpg

IMG_20191227_162156.jpg

広いし大きいし・・・
この景色が霧の向こうまで続いているんですね。

雪に覆われたブライスキャニオンは不思議な静けさに包まれていました。



ホテルのロビーにはまだツリーがありました。
12月26日以降もクリスマスが残ってるなんて日本じゃありえないですね(^^;)
もうお正月一色になっていなければならないのに!
日本の25日→26日の世界観の変わりようったら、本当に素晴らしいです!!

IMG_20191227_171157.jpg




朝日が見れるポイントがあったので、次の日の朝見に行きました。
氷点下10度くらい。

手袋をしていないと、雪も触ってないのに空気でかじかむほどの寒さでした。

が・・・
朝日は若干雲に負けているものの、奇麗~
寒さと眠さをおして見に来たかいがありました。

IMG_20191228_080523.jpg


朝日を見下ろすちびふあり

IMG_20191228_080729.jpg



朝日から熱をもらう雪だるま。

IMG_20191228_080832.jpg


主人はとりあえず元気玉を集めていました。

IMG_20191228_080744.jpg



一度ホテルの戻ると氷柱がっっ
衝撃を与えてはいけない要注意案件!
刺さったら事件ですね。

IMG_20191228_072750.jpg


次はモニュメントバレーへ向かいます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント